top of page
HOME
31930.jpg

ケモノとひと時音楽祭

-阪神・淡路大震災復興祈念-

彫刻家・はしもとみおと、ゆかりのあるミュージシャンたちによる音楽会
ケモノたちとの、素敵なひと時のはじまりはじまり!

むぎ(猫)ちゃんは、実家で震災後に家族になった猫、トムくんに鼻の模様の位置までそっくりで、

トムくんが帰って来たように思って初めてみた時嬉しくて泣いてしまいました。

それから縁がありたくさんの展覧会でのステージを彩ってくれました。

今回は同じくケモノでありむぎちゃんがインスピレーションを受けたジョン(犬)さん、

いきもにあでアトリエに歌いに来てくれた、虫達や森羅万象を愛する知久さんと、

どんな素敵な一日になる事でしょう、みんなで一緒に体験しましょう!

日程

2024年9月14日(土)

会場

オルビスホール
神戸市東灘区向洋町中2-9-1

 

時間

開場13:00 / 開演14:00

 

チケット料金

一般 4,500円 / 小・中・高校生 2,000円 
   ※未就学児膝上無料(座席が必要な場合は要チケット)

 

出演
はしもとみお

知久寿焼

むぎ(猫)

JON(犬)

同時開催

いきもの作品の集まる「いきもにあマルシェ」

時間:11:00〜16:00
ぜひお気に入りのいきものを見つけよう!楽しもう!

ご予約&お問い合わせ

cowandmouse489@gmail.com / 080-3136-2673

 

※件名に[ケモノとひと時音楽祭]と明記の上、 
①お名前(フルネーム)・②お電話番号・③チケット枚数をご記入いただき、
上記メールアドレスにお申し込み下さい。​
確認後、ご購入方法などを折り返しご返信致します。

※ご予約&お問合せメールには2~3日以内にご返信しております。

携帯アドレスで送信された場合、セキュリティ設定や、迷惑メール対策等で、

メールが正しく届かない場合があります。
お手数をおかけしますが、PCアドレスからお送りいただくか、

迷惑メール設定から解除、もしくは受信設定をして頂く様お願い致します。

 

注意事項
※ご来場順のご入場・自由席となります。

※未就学児膝上無料(座席が必要な場合は要チケット)

※出入り自由ですが、再入場の際は当日受付でお渡しするPASSを見えるところにお付けください。
※ホール内は飲食禁止です。飲食はロビーまたはホール外でお楽しみください。

※イベントの模様を写真・映像撮影等しております。お客様が写真・映像等に映り込む可能性がございます。

image0.jpeg

はしもとみお 彫刻家

 

三重県北部の古い倉庫にアトリエを構え、動物たちのそのままの姿形を木彫りにする。材料は、クスノキ。
実際にこの世界に生きている、または生きていた子をモデルにし、その子にもう一度出逢えるような彫刻を目指している。
各地の美術館で、木彫りの動物たちに間近で触れ合える展覧会を開催するほか、世界各地からご依頼を受けての動物たちの肖像制作、フィギュアやオブジェの原型制作や動物たちのイラスト等も手がける。

https://miohashimoto.com/

はしもとみお展 ―時を刻むいきものたち―

「時間」をテーマに、モデルの動物たちが生きてきた時間と、はしもとみおが過ごしてきた時間をつないだ軌跡をたどります。

新作を含む彫刻やスケッチなど、制作の背景も紹介。

開催日:2024.6.29[土] 〜 2024.9.16[月]
開館時間:OPEN10:00 - 17:00※入館は16:30まで
休館日:毎週月曜*祝日の場合は開館
会場:神戸ゆかりの美術館(神戸市東灘区向洋町中2丁目9-1)

 

知久寿焼 (ちく・としあき)

 

ギター/ウクレレと地味なおかしなさびしい歌たち。
1965年2月 埼玉県川口市産。
1984年「たま」結成、2003年解散。
1995年「パスカルズ」に加入。ウクレレ、口琴、ときどき歌担当。
2019年 54歳にして初のアルバムCD「知久寿焼のうた その1/その2」発売。「その1」収録「ひとだま音頭(合奏編)」の録音で集まった珍妙な顔ぶれによる「ちくちんどん楽団」活動開始 ~うつみようこ(ちんどん太鼓)、関島岳郎(テューバ)、大塚やよい(伴盤、大正琴)、中川樹海(三線)。
2020年5月 エレクトロユニットmacaroomとともに、アルバム「kodomono odoriko/macaroomと知久寿焼」発売。
2023年1月 アルバム「ちくちんどん楽団」発売。
CM、Eテレ等の楽曲歌唱それなりの数。
趣味はツノゼミ科昆虫の研究。2019年7月 あかね書房より、丸山宗利、小松貴、の両昆虫学者との共著図鑑「ふしぎないきものツノゼミ」を上梓。2022年6月発売「学研の図鑑LIVE『昆虫 新版』」の生体白バック撮影班参加、日本産ツノゼミを採集・撮影。

Photo ©PecoMegane

http://www.officek.jp/chiku/

IMG_7690_tc.jpg
SOL.jpg

むぎ(猫) 〔読み:むぎかっこねこ〕

 

1997年7月東京生まれ。2002年沖縄に移り住み、2009年1月に永眠。5年間の天国暮らしの後、2014年3月にゆうさくちゃん(カイヌシ)による手作りの新しい身体を手に入れ、再びこの世に舞い戻った。
「天国帰りのネコ」として新しいニャン生(人生)を満喫し、ニンゲンの皆さんたちを楽しませるために歌い、踊り、楽器(主に木琴)を演奏する猫のミュージシャンである。楽曲は全てむぎ(猫)
が作詞作曲を手がけ、宅録で制作している。
2023年5月17日にメジャー2ndアルバム「SONG OF LIFE」をリリース。多数のフェスやイベントに出演、沖縄県外で活動の場を広げている。

https://mugithecat.bitfan.id/

JON(犬)

 

90年代インディーズシーンに突如現れた犬のオルガン弾き。

まだインターネットも一般化されていない当時、マニアックな音楽を求める世界中のリスナーや音楽家に支持され、国内外でアルバムをリリース。2015年、役者&歌を担当した音楽劇『正しい数の数え方』が文化庁メディア芸術祭エンタメ部門大賞を受賞。

http://jonthedog.com/

​​オルガン提供:アトリエピアノピア

image_123650291 (1).JPG
bottom of page